top of page

月日のかけら 前川祥子 日本画展

2024年5月23日(木)~29日(水)まで京阪百貨店 守口店 美術画廊Ⅱにて

日本画家・前川祥子の個展を開催させていただきます。


開場午前10時~閉場午後7時 

(最終日は午後4時閉場)

ぜひ皆様ご来場くださいませ。


前川 祥子/Maekawa Shoko


 1987 京都府に生まれる

2012 京都精華大学芸術研究科博士前期課程修了


 画歴

2009  創画展 奨励賞 (同11年) 以降毎年出品 (東京都美術館/京都市京セラ美術館)

2010  春季創画展 春季展賞 (同16、17、22、24年) 以降毎年出品 (京都文化博物館)

     松伯美術館花鳥画展 優秀賞 (同11年)(松伯美術館/奈良)

2014  京都日本画家協会展 (同16年)(京都文化博物館)

2015  松伯美術館花鳥画展 大賞 (松伯美術館/奈良)

    第一回石本正日本画大賞展 準大賞 (浜田市立石正美術館/島根)

    第2回続京都日本画新展 (美術館「えき」KYOTO)

2019 いまのいま-見渡す絵画-(兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー/兵庫)

    創画展 創画会賞  同23年 (東京都美術館/京都市京セラ美術館)

    京都日本画新展in二条城-100人の画家・嵯峨野線を旅して-(二条城二の丸殿台所)

2020  京都 日本画新展2020 (美術館「えき」KYOTO)

     UNISON―日本画で綴る思想― (三木美術館/兵庫)

2021  いまのいま-現を辿る 夢に触れる-(神戸アートビレッジセンター/兵庫)

2022  未来につなぐ日本画展-松柏美術館公募展大賞受賞作家の現在-(松伯美術館/奈良)

     ―聲-[KOE] 日本画グループ展 (同時代ギャラリー/京都)

2023  京都日本画家協会創立80周年記念展 ART STORY 80ht (京都文化博物館)

いまのいま +view (京都市美術館別館)

2024  京都 日本画新展2024 (美術館「えき」KYOTO)


 その他グループ展多数

現在 創画会准会員 京都日本画家協会会員



 一瞬の景色を記憶していたり、幼い頃の気持ちを覚えていたり、ぼんやりと曖昧な脳内にしまい込んでいる風景や感情があります。

いつか聴こえた葉がざわざわと風に揺れる音、白い光、どこかで見た建物、空気の湿度や匂い、どれも別々の場所だけれど全て自分の中に確実に記憶の断片として残っています。時間と共に蓄積された曖昧な記憶のかけらたちを画面上でコラージュし、自分の内側にある景色を表現したいと思っています。



  「宵の庭」  F20号



    「星ふる森」  F4




     「唄う」  SM





コメント


bottom of page